ベンジャキット公園:誰もが驚くバンコクの緑地

    以前はタバコ工場だった新しいベンジャキッティ公園は、現在259ライ(102エーカー)に広がっている。この都市林プロジェクトの目標は、都市生活を向上させる新しい生態系を確立することだ。洗練された水路システムにより、樹木や灌木、動物の生息地が繁茂する自然環境を提供することが目的だ。

     雨季には、公園の未舗装の敷地に128,000立方メートルもの雨水が浸水する。さらに、1日に最大1,600立方メートルの浄化水を生産できる水処理施設としても運営されている。

     ルンペー、ランプーン、キーレックなどの原生樹木を植え、自然林の環境を整える。

     だが待ってほしい!ベンジャキッティ森林公園は、歴史的なタバコ工場の建物、都市森林生活博物館、そしてシリキット王妃陛下を記念する博物館とつながっているのだ。3つの博物館はすべて同じ建物の中にある。

     パトゥムワン地区にあるルンピニ公園は、よく知られた公共公園だが、このプロジェクトが完成すれば、自転車道とスカイウォークで結ばれることになる。

     新しい公園を作ることは、街やそこに住む人々、その他多くの生物にとって有益である。渡り鳥が滞在中に休息する場所を提供し、子供たちが外で遊び、運動する場所を提供する。最も重要なのは、私たちが呼吸する空気の質を向上させることだ。 

    ベンジャキット森林公園は毎日朝5時から夜8時まで開園している。センターポイント・スクンビットに滞在している人なら、徒歩5分以内で簡単に見つけることができるだろう。

にご宿泊の場合 Lub d バンコク・サイアムBTSナショナルスタジアム駅からスカイトレインでアソーク駅まで行き、そこから歩いてすぐです。とても便利です! 

 

旅行とライフスタイル